「第8回 一茶双樹俳句交流大会」の作品を募集します
俳人・小林一茶が生涯に50回以上も訪れた流山。
この地のみりん醸造家・五代目秋元三左衛門(俳号:双樹)と一茶との交流を記念する「一茶双樹俳句交流大会」の作品を募集します。

■応募締切 「一般」    平成29年7月30日(日)
      「児童・生徒」 平成29年6月30日(金)
■応募部門 
「一般」と「児童・生徒」に分かれ、下記の4部門があります。
      「一般」    
一般の部
      「児童・生徒」 小学生の部中学生の部高校生の部
■投 句 料  「一般」     1組(3句)につき1,000円
      「児童・生徒」 無 料
■テ ー マ  自 由
■応募方法
・専用の応募用紙(作品募集チラシ ウラ面・このページからダウンロードできます。)またはA4用紙を使用し、一茶双樹記念館あて郵送にて応募ください。
■選  考
・流山俳句協会が予備選考を行い、予備選考を通過した作品の中から、「一般」については選者により、「児童・生徒」については流山俳句協会により、入賞作品を選びます。

              
選者: 東洋大学名誉教授・俳人協会評議員、藍生・天為所属 坂本宮尾さん
                    2004年 「美と格調の俳人 杉田久女」(角川選書)で俳人協会評論賞受賞
                    2014年 桂信子賞受賞


・多くの方に俳句に親しんでいただき交流を深めていただくことを目的に、予備選考通過作品を、「第13回一茶双樹まつり」 期間中(平成29年9月26日(火)〜10月9日(月・祝))、一茶双樹記念館内に展示し、来場者による「私の好きな一句」の 投票をもとに、記念館選による特別賞「一茶双樹賞」を、各部門より選びます。
■ 賞
・4部門より各々、最優秀賞1点、優秀賞数点、入選十数点、および特別賞「一茶双樹賞」1点を予定します。
・入賞者全員に、地元企業等のご協賛による各種副賞賞品の贈呈を予定しています。
■発表・表彰
・11月下旬に一茶双樹記念館で開催する表彰式にて発表・表彰、入賞者に賞状および副賞賞品を授与します。入賞者には事前に通知をさせていただきます。
■作品集
・4部門の入賞作品および一般の部応募作品(1組3句から1句)を掲載した「作品集」を作成し、入賞者全員と一般の部応募者全員に差し上げます。

主 催:一茶双樹まつり実行委員会(株式会社グリーンダイナミクス・流山歴史文化研究会)
後 援:流山市・流山市教育委員会・流山市観光協会・東葛飾地域各市教育委員会 (松戸市・野田市・柏市・我孫子市・鎌ケ谷市)
協 力:NPO法人流山史跡ガイドの会・流山俳句協会

   応募用紙はこちらから↓
 


「第8回 一茶双樹俳句交流大会」作品募集要項
千葉県の流山(下総葛飾流山)は俳人・小林一茶が生涯に50回以上も訪れたとされる場所です。ここには小林一茶をはじめとする当時の俳人を経済的にも支援したとされ、自らも俳諧を嗜んだとされる「みりん」「酒」の醸造家の五代目である秋元三左衛門(俳号:双樹)が住んでいました。
「一茶双樹記念館」ではその二人の交流に因み「一茶双樹俳句交流大会」の作品を募集します。


■応募作品
・テーマ自由
・自作で未発表の作品に限ります。
※類句・類想句については賞を取り消すことがあります。
※二重投句(同一作品及び酷似作品を他へ投句すること)は固くお断りします。


■応募部門
「一般」と「児童・生徒」に大別し、下記の4部門があります。
○「一般」:一般の部
○「児童・生徒」:小学生の部・中学生の部・高校生の部

■応募締切
○「一般」    平成29年7月30日(日)
○「児童・生徒」 平成29年6月30日(金)

■投句料
・「一般」1組(3句)につき1,000円
・郵便局にて1,000円の定額小為替を購入し、作品に同封し郵送してください。
※定額小為替取扱いのご注意:
・宛名は無記名とし「払渡票」は切り取らないでください。
・1,000円の定額小為替の手数料は100円です。5,000円以上(すなわち応募用紙5枚以上)の場合は普通為替の利用が手数料が安くなります。(郵便局の窓口でご確認ください。)

・「児童・生徒」無料

■応募方法
・所定の応募用紙またはA4用紙を使用し、楷書で記入してください。
※応募用紙は一茶双樹記念館その他公共施設に備え付けのものをご使用ください。または、「一茶双樹記念館」ホームページより出力できます。応募用紙はコピーしたものでも結構です。
 ○「一般」
  ・「一般」は1組(用紙1枚)に3句とし、「住所・氏名・年齢・電話番号」を記入してください。
  ・1組3句から1句を作品集に掲載しますので、3句の中の1句に○印をつけてください。

 ○「児童・生徒」
  ・「児童・生徒」は1組(用紙1枚)に2句とし、「住所・氏名・年齢・電話番号」のほか「学校名・学年」も記入してください。
・下記の宛先に必ず郵送にて応募ください。
 〒270-0164 千葉県流山市流山6-670-1 
  一茶双樹記念館 俳句交流大会係
  ・学校単位で応募の場合は、複数の応募者の作品をまとめて郵送もしくは持参による方法が可能です。
  ・応募用紙は、定型封筒に折りたたんで構いません。郵送に際しては、切手の貼り忘れにご注意ください。特に複数枚の応募用紙を郵送される場合には、重さと料金を必ずご確認ください。


■選考
・流山俳句協会が予備選考を行います。予備選考を通過した作品の中から、「一般」については選者により、「児童・生徒」については流山俳句協会により、入賞作品を選びます。
・選者 東洋大学名誉教授・俳人協会評議員、藍生・天為所属 坂本宮尾さん
  2004年「美と格調の俳人 杉田久女」(角川選書)で俳人協会評論賞受賞
  2014年 桂信子賞受賞
・多くの方に俳句に親しんでいただき交流を深めていただくことを目的に、予備選考通過作品を、「第13回一茶双樹まつり」(平成29年9月26日(火)〜10月9日(月・祝)開催)期間中、一茶双樹記念館内に展示し、来場者による「私の好きな一句」の投票をもとに、記念館選による特別賞「一茶双樹賞」を、各部門より選びます。
※一茶双樹記念館内での展示は、「一般」「児童・生徒」とも、作品のみの掲出とし、作者名は掲出しません。

■賞
・4部門より各々、最優秀賞1点、優秀賞数点、入選十数点、および特別賞「一茶双樹賞」1点を予定します。
・入賞者全員に、地元企業等のご協賛による各種副賞賞品の贈呈を予定しています。

■発表・表彰
・11月下旬に一茶双樹記念館で開催する表彰式にて発表・表彰、入賞者に賞状及び副賞賞品を授与します。入賞者には事前に通知をさせていただきます。

■作品集
・4部門の入賞作品および一般の部応募作品(1組3句から1句)を掲載した「作品集」を作成し、入賞者全員と一般の部応募者全員に差し上げます。

■その他(著作権・個人情報の取扱い等)
 ・応募作品(応募用紙)は返却しません。
 ・作品の発表や作品集の発行に関する著作権は主催者に帰属するものとします。
 ・受賞作品については、流山市周辺の公共施設、交通機関等に掲示させていただく場合があります。
 ・応募いただいた方の個人情報は、作品の選考や連絡のために使用します。


■問合せ
 〒270-0164 千葉県流山市流山6-670-1 
 一茶双樹記念館 俳句交流大会係
 TEL&FAX 04-7150-5750  Mail:info@issasoju-leimei.com