一茶双樹記念館

一茶双樹記念館TOP
3館のTOPページへ            
杜のアトリエ黎明万華鏡ギャラリー見世蔵

一茶双樹記念館TOP 観覧・施設利用のご案内 交通のご案内 施設の予約

お問い合わせ
 
 
 
 

一茶双樹記念館設立にあたり
一茶双樹記念館は、市指定史跡「小林一茶寄寓の地」の保全及び文化の振興を図るとともに、市民の福祉の増進に資するために設置された施設です。俳人小林一茶とみりん醸造創設者の一人と言われる五代目秋元三左衛門(俳号双樹)は交友があり、一茶はこの地を数十回訪れています。安政年間(19世紀中頃)の建物を解体修理し、茶会・句会等に利用できる双樹亭及び往時を偲ばせる主庭を中心に、商家を再現し、みりん関係資料などを展示する秋元本家、茶会・句会等に利用できる一茶庵から構成されています。

双樹亭外観 双樹亭(続き間) 双樹亭から望む枯山水 一茶庵

小林一茶
小林一茶(1763-1827)江戸時代を代表する俳諧師
当時、北総地方には、悠々自適の境地を楽しもうという、俳人山口素堂の一派である “葛飾派”の俳人が多く、馬橋で油屋を営む俳人大川立砂もその一人で、一茶もはじめは葛飾派に属していました。流山の秋元三左衛門(俳号:双樹)と知りあったのも、おそらく立砂を通じてではなかったかと思われます。

北総地方は、一茶にとってはいわば第二のふるさとであり、流山の双樹のもとには、 50回以上も来訪したことが知られています。
秋元双樹
流山で醸造業を営み、味醂(みりん)の開発者のひとりと言われている、秋元家5代目三左衛門(1757〜1812)。秋元三左衛門は家業の傍ら俳句をたしなみ、俳号を双樹と号しました。
秋元双樹の俳句は、「伊勢派撰集」(1780)に入選する程の腕前で趣味の範疇を超えておりました。


春   春風がならして行ぞ田にし殻
一茶句 夕月や流残りのきりぎりす 石碑
夕月や流残りのきりぎりす
句碑

   夏   刀禰川は寝ても見ゆるぞ夏木立
         秋   夕月や流残りのきりぎりす
             冬   炭くだく手の淋しさよかぼそさよ


『下総葛飾今様小金道絵図』
販売中!



(カラー版) 1部200円

一茶ら俳人達の流山周辺における足跡をたどる一茶双樹記念館オリジナルの古道地図。

 約9.1kmのルートのおよそ8割が、江戸時代当時の道となっており、松戸・馬橋を起点とし、社寺や句碑はもちろん、トイレやコンビニなどの情報も加え、一茶双樹記念館を終点としています。一茶と大川立砂、秋元双樹らとのかかわり、一茶が流山で詠んだ句も紹介し、当時、この道をたどったであろう一茶の姿を思い浮かべながら、どなたにも楽しく歩いていただけます。


一茶双樹記念館
〒 270-0164千葉県流山市流山6丁目670番地の1
TEL 04−7150−5750 info@issasoju-leimei.com





管理・運営:指定管理者 株式会社グリーンダイナミクス