杜のアトリエ黎明TOP>イベント・講座情報>過去のイベントH20年度


イベント・講座情報へ

  平成20年度

平成18年度へ平成19年度へ平成21年度 平成22年度
過去のイベント開催風景 平成20年度


平成20年4月5日(土)〜20日(日) 
○パステル画展  

  何時の日か訪れた事のある様な
 心の琴線に触れる風景を、穏やかなパステルの
 画調が語りかけてくれる心暖まるアートシーンでした。

平成20年4月25日(金)〜27日(日) 

○山野草展  

 恒例の山野草展。
 今回の塚本氏とそのお仲間のコラボレーションは、
 洒脱で繊細な山野草と軽妙にして風刺に満ちた
 川柳などの楽しい催しで、来館されるお客様も
 リピーターの方が多い様にお見受け致しました。
 当館、夏の企画にも出展くださる予定です。
   ※小江戸を楽しむ夏休み企画
     
『一茶双樹記念館 小江戸風物詩』
     8月2日(土)、3日(日)午前9時から午後8時


平成20年4月29日(火)〜5月11日(日)

○スケッチ画展  

  モナコ公式芸術展、オーリック賞受賞作家 
 橋本良江さんのスケッチ画展で、連日多くの
 来館者が訪れました。橋本先生の作品は、音楽性を
 感じさせるものがあり、あたかもコラールやカノンの
 小品を聴く様な心安まるひとときを醸し出していました。


平成20年5月18日(日)〜25日(日) 

○小さな布描展  

  小さな裂布に描かれた小さな世界、アクリル絵具で
 優しく描かれた詩的な小物達や動物達は
 不思議な魅力に満ちた作品群でした。児玉さんは
 初めての出展でしたが、又このアトリエで新しい展開を
 期待したいものです。


平成20年5月27日(火)〜6月1日(日)

○きらら会作品展  

  大塚弘子さん主宰の「きらら会」作品展示で、
 文化協会手工芸部の皆さんの力作が、所狭しと
 発表されました。日頃の研鑽は高い完成度と芸術性を
 持つ奥行のある作品展となりました。


平成20年5月24日(土)〜6月8日(日) 

○ローズ・フェスティバル  

  杜のアトリエ黎明の庭園に彩りのバラ園を
 期間限定で公開。バラの香りが庭園に溢れ
 各種のバラが好手を競いました。


平成20年6月3日(火)〜17日(火) 

○陶芸展 遠藤武子  

  当館「ティーサロン黎明」で使用のティーカップを
 制作いただいた陶芸家 遠藤武子氏作による
 和テイストの器が好評です。


平成20年6月18日(水)〜27日(金) 

○新撰組流山隊活動展  

  新撰組の顛末記については、多くの研究が
 なされていますが、この日本史における最大級の
 変革期に数多くのロマンに溢れた物語が生まれました。
 新撰組流山隊では、真摯な歴史探求と
 類稀な郷土愛を持って素晴らしい活動をされて
 まいりました。回を重ねるごとに活動展は
 新たな感動を呼び起させてくれます。
 

平成20年7月9日(水)〜13日(日) 
準備中
○志野焼展  

  桃山時代の美濃に起こった焼物で、
 昭和のはじめに再興された歴史ある流れの
 作品展でした。虚空窯陶芸教室の皆さんの
 日頃の作品に対する並外れた作陶努力を
 来館の皆様に感じていただけた事と思います。
 

平成20年7月15日(火)〜21日(月) 

○川柳展示  

 山野草展を定例で開いてくださっている
 塚本氏の催しです。すでに始まっている
 高齢化時代をベテランパワーを持って
 川柳で笑い飛ばそうという、
 楽しくも考えさせられる展示会でした。
 

平成20年8月1日(金)〜3日(日) 

○夏休み 子供絵画教室  

 学校の授業とは異なった視点で、
 楽しく絵を描く三日間となりました。
 対象に心を動かし、よく観察し、
 心のままに表現をする事を理解された事と思います。
 

平成20年8月1日(金)〜10日(日) 

○夏休み子供海外教室 作品展  

 絵画教室で生まれた作品展です。
 夏の想い出が素晴らしい絵になって残りました。
 一枚一枚の作品に、それぞれの思いが込められています。
 絵には、大人と子供の隔たりはありません。
 

平成20年9月20日(土)〜28日(日)

○絵画写真展  

 可愛い猫たちの写真と繊細なタッチで描かれた
 物語性の深い画風は、大人だけでなく、
 子供が見ても楽しく語り合えそうな、
 夢多い絵画展でした。
 一作毎にストーリーが広がりそうな心温まる作品は
 次回の発表をも心待ちにしたくなるものでした。
 

平成20年10月1日〜4日(土) 

○書道展  

 平成書道連盟主催の、年代を超えた書の展覧会でした。
 普段触れることの少なくなりつつある書の世界ですが、
 改めて鑑賞する事で、その奥行きの深さと美しさに
 感動させられる催しとなりました。
 


平成20年10月7日(火)〜13日(月祝)

○ステンドグラス展  

 美しくディスプレイされたステンドグラスは、
 照明も入り、窓際の作品も秋の陽光を受けて、幻想的
 な光を醸し出していました。きれいに蝋付けされた枠に
 はめ込まれた美しいガラスの組み合わせは、
 絵柄と色彩とが相俟って独特の雰囲気を
 作り出していました。 
 

平成20年10月15日(水)〜17日(金) 

○伝統工芸展  

 古布と生皮を用いて、一針一裁に心を込めて創られた
 木目込人形や和小物、アクセサリーは、
 伝統工芸に根ざした美しく肌理細やかな仕事ぶりと
 相俟って、ご来館の皆様にご好評を頂きました。 
 

平成20年10月18日(土)〜19日(日) 

○山野草展  

 山野草に囲まれながら、アイデアに満ちた
 数々の遊具が展示される、ホスピタリティーの
 精神に溢れた催しになりました。
 「遊」の中に「知」を発見する事の意義を再確認できた
 展示会でした。 
 

平成20年10月21日(火)〜31日(金) 

○パステル画展  

 四月の「季節の詩」に続き、
 本年2回目のパステル画展となりました。
 今回は、花を題材にした作品を中心に、
 いつもながらの繊細なタッチの静謐な画風は、
 深まりゆく秋の日に相応しい充実した画展となりました。
 


平成20年10月25日(金)〜11月3日(月祝) 

第8回ぎふ国際ローズコンテスト
銀賞受賞:一葉

○ローズフェスティバル  

 今回の秋のバラ修景展示は、
 パステル画展との同時開催もあり、多くの来館者を
 お迎えする事ができました。
また、弊社グループ所属のバラ育種家・河合伸志作出の
 バラ品種「一葉」が、第8回ぎふ国際ローズコンテストに
 おいて銀賞を受賞した事を合わせてお知らせできた事を
 大変嬉しく思っています。 
 


平成20年11月11日(火)〜16日(日) 

○布に描くクリスマスZakka展  

  2回目の作品展となった今回の児玉さんの作品は
 “クリスマス”をテーマとした小品の数々を
 美しくディスプレイされた、
 優しく心温まる展示が繰り広げられました。
 


平成20年11月22日(土)〜30日(日) 

○丸山東平絵画作品展  

  繊細な色使いと幻想的な画風の作品は、
 現代的なテクノロジーを用いつつも余情に満ちた
 幽玄の世界を感じさせるものでした。
 


平成20年12月5日(金)〜6日(土) 

○手芸作品展  

 さまざまな種類の手工芸の展示で華やかに彩られ、
 庭園の紅葉と重なりとても
 すばらしい2日間となりました。
 

平成20年12月1日(月)〜25日(木) 

○杜のアトリエ黎明のクリスマス  
 
  自然の木の実やリボンを使って
 お客様にリース作りを体験していただきました。
 そして完成品をながめながらハーブティで
 ゆったりとしたひとときを過ごしていただきました。
 

平成21年1月4日(日)〜18日(日) 

○新春企画 笹岡了一 挿画展  

  アトリエゆかりの画家・笹岡了一の
 軽妙洒脱な挿画の世界を通して、
 作者の奥深い仕事の一面を垣間見ることのできた
 展示となりました。
 

平成21年2月22日(日)〜3月3日(火) 

○流山の水辺写真展  

  流山の美しい水辺のシーンが
 作者の鋭い感性を通して見るものに
 語りかけてくるような写真展でした。
 

平成21年3月4日(水)〜11日(水) 

○ちぎり絵展  

  和紙の持つ柔らかな風合いと淡い色調が
 生かされた画風は繊細な美しさを伝えて
 来館者の心をとらえました。
 

平成21年3月17日(火)〜24日(火) 

○陶芸展  

   陶板によるモザイクなど、
  新しい作風に挑まれた斬新な陶芸展になりました。
 

平成18年度へ平成19年度へ平成21年度へ 平成22年度
イベント・講座情報へ


管理・運営:指定管理者 株式会社グリーンダイナミクス