現代に甦る見世蔵

★第35回 歴史と文化のトーク&トークinながれやま
流山の俳句
~双樹にはじまり今に息づく俳句文化~

1月19日(土)13時30分~15時
流山の白みりん醸造家で俳人の秋元双樹は小林一茶と深く親交し、物心両面にわたり一茶を支えました。明治期以降も流山では、秋元洒汀・秋元梧樓・松本翆影ら多くの優れた俳人が活動、昭和初期の高浜虚子らの吟行など、流山は常に俳句熱盛んなところでした。
昭和45年、当時の俳句関係者が17句を献詠し赤城神社に一茶句碑を建立、昭和50年代には、双樹自筆の「俳諧草稿」の存在が明らかになったことをきっかけに双樹の顕彰気運が盛り上がり、双樹と一茶の連句碑建立、小中学生俳句大会の開催などが実現していきました。
流山のまちづくりの伝統に常にあった俳句文化とその担い手たちについて、流山俳句協会会長・北川昭久さんにお話いただきます。
・定 員:30名
・講 師:北川 昭久
・参加費: 500円(資料・お茶代)
 ★中学生以上20歳未満300円
12月11日(火)より受付(定員になり次第締切)


北川 昭久
・講師プロフィール  
 昭和15年 石川県生まれ
 昭和58年~ 流山市野々下在住
 平成7年  有馬朗人主宰「天為」入会
 平成22年 流山俳句協会理事
 現在 「天為」同人、流山俳句協会会長、
     千葉県俳句作家協会理事、
     俳人協会会員、同千葉支部幹事
句集「遠筑波」(本阿弥書店・平成26年発行)


豆引や跡は月夜に任す也 双樹
烟らぬ家もうそ寒くして 一茶
(光明院)

越後節蔵に聞えて秋の雨 一茶
(赤城神社)

イベントチラシをこちらから



万華鏡ウィンターコレクション
1月9日(水)~2月11日(月・祝)
新春を飾る展覧会は、流山在住の万華鏡作家 中里保子さんをはじめとする国内外の作家による、冬をテーマにした「ウィンターコレクション」を開催いたします。雪の結晶や夜空、イルミネーションなど、白やブルーを基調とした作品を展示いたします。
また、空気が澄んでいる冬の風景を、見た景色が万華鏡の模様になるテレイドスコープで楽しむのもオススメ!是非、ご来館ください!







今後のイベント予定
万華鏡イベント
2018年
6月20日(水)~7月8日(日)  世界万華鏡コンベンション
出品作家作品展 
7月18日(水)~8月31日(金) 見世蔵サマーフェスタ
9月12日(水)~10月28日(日)  万華鏡オータムコレクション
11月6日(火)~11月18日(日)  第3回華麗なる万華鏡展
※会場:杜のアトリエ黎明 
11月14日(水)~12月24日(月・祝) 世界のきらめき万華鏡展
2019年
1月9日(水)~2月11日(月・祝) 万華鏡ウィンターコレクション
2月20日(水)~3月24日(日)  万華鏡スプリングコレクション

万華鏡作り講座
2018年
7月1日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
8月5日(日) 酒井祐子さんの子ども万華鏡作り講座
 ※午前(10:00~12:00)1回のみ
12月2日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
2019年
3月24日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
★各講座とも原則、午前(10:30~)・午後(1:30~)の2回  
★要申込

★お申込み受付開始日は開催日により異なります。

★イベント内容は変更になる場合があります。
寺田園茶舗
万華鏡ギャラリー
イベント情報
ギャラリーグッズ
施設利用案内
お問い合わせ
リンク
 
 
 
 
   
万華鏡ギャラリー 見世蔵