現代に甦る見世蔵

若林 寛さんの万華鏡作り講座
~「ポケット・オーロラ」~

6月30日(日)
1回目:10時30分~
2回目:14時~
 ※各回約2時間程度
 面白い仕組みやからくりの万華鏡を制作されている、若林 寛さんの手持ちタイプの万華鏡作り講座です。
 本体は若林さんが制作されたクラシックな味わいの銅製の筒、模様となる部分には偏光板を使用します。
 偏光板を通った光が虹色に変化し、美しい映像が展開する万華鏡を作ります。
 銅製のタイプは初めてですので、ぜひご参加ください!
・定 員:各回10名
・講 師:若林 寛
・場 所:流山福祉会館(見世蔵にて受付を行います)
・参加費: 6000円
・持ち物:はさみ、手洗い後に使用するタオル
 6月1日(土)より申込受付開始(定員になり次第締切
   「ポケット・オーロラ」外観    「ポケット・オーロラ」内部
   
 
    

第38回 歴史と文化のトーク&トークinながれやま
250年のタイムスリップ
流山の義賊・金子市之丞の虚像と実像

7月14日(日)13時30分~15時
※トーク&トークは通常土曜日開催ですが、今回は会場の都合により日曜日の開催になりますのでご注意ください。
 本年は明和6年(1769)生まれとされる流山の義賊、金子市之丞の生誕から250年にあたります。
 江戸末期から明治にかけて、講談「天保六花撰」や歌舞伎「天衣紛上野初花」に主役の一人として登場以来、市之丞の名は広く知られるようになりました。しかし、その実態は、義賊か博徒か道場主か、さらには実在の人物なのか創作上の人物なのかに至るまで、謎に包まれたままです。
 流山根郷(現在の流山2丁目)の閻魔堂には、市之丞とその恋人・三千歳の墓が肩を並べ、願掛け石には、罪の軽減や勝負運、金運などのご利益があるとされ、また恋愛成就の祈願スポットとして、今も花や線香が絶えることがありません。
 今回は、「NPO流山史跡ガイドの会」の3名の方々によるトークショー形式で、謎多き市之丞の正体に迫ります。
・定 員:30名
・講 師:田村哲三(NPO流山史跡ガイドの会副理事長)
      平本雅晴(NPO流山史跡ガイドの会)
・進行役:石橋 茂(NPO流山史跡ガイドの会)
・場 所:流山福祉会館(見世蔵にて受付を行います)
・参加費: 500円(資料・お茶代)
 ★中学生以上20歳未満300円
 6月1日(土)より申込受付開始(定員になり次第締切
閻魔堂境内の金子市之丞・三千歳の墓所
イベントチラシをこちらから

中里保子さんの子ども万華鏡作り講座
~「お絵描き万華鏡」~

7月21日(日)
1回目:10時30分~
2回目:13時30分~
 「京都万華鏡ミュージアム」主催の「子ども万華鏡大賞公募展」に応募ができる講座です。本体に絵を描いたり、塗り絵をして、オリジナルの万華鏡を作りましょう!!
・定 員:各回20名
・講 師:中里保子
・場 所:流山福祉会館(見世蔵にて受付を行います)
・参加費: 2000円
 6月21日(金)より申込受付開始(定員になり次第締切
  完成作品外観         内部画像
  

イベントスケジュール
万華鏡イベント
2019年
4月24日(水)~5月6日(月・祝)  ゴールデンウィークフェア
6月26日(水)~7月21日(日) 万華鏡サマーコレクション 
8月1日(水)~8月31日(日)  サマーフェスタ
9月11日(水)~10月27日(日) 万華鏡オータムコレクション
11月13日(水)~12月22日(日) 世界のきらめき万華鏡展
2020年
1月8日(水)~2月9日(日) 万華鏡ウィンターコレクション
2月11日(火・祝)~3月29日(日)  万華鏡スプリングコレクション

万華鏡作り講座
2019年
6月30日(日) 若林寛さんの万華鏡作り講座
7月21日(日) 中里保子さんの子ども万華鏡作り講座
11月17日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
2020年
3月15日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
★各講座とも原則、午前(10:30~)・午後(1:30~)の2回  
★要申込

★お申込み受付開始日は開催日により異なります。

★イベント内容は変更になる場合があります。
寺田園茶舗
万華鏡ギャラリー
イベント情報
ギャラリーグッズ
施設利用案内
お問い合わせ
リンク
 
 
 
 
   
万華鏡ギャラリー 見世蔵