現代に甦る見世蔵

現在掲載しているイベントも中止となることがあります。今後も本ホームページにてご確認ください。


オータムコレクション
9月9日(水)~10月25日(日)
※月・火休館(祝日の場合は開館)、9月23日(水)は臨時休館
国内外の作家による秋色万華鏡を展示販売。
シックな色合いの万華鏡や物語を感じさせる作品、また見た景色が万華鏡の模様になるテレイドスコープのペンダントタイプは秋の装いを華やかに演出します。

   
         昨年の展示風景           「オルゴールスコープ」若林寛
                                        内部画像


イベントチラシをこちらから

中里保子さんの万華鏡作り講座 
「クリスタルフラワー」の万華鏡を作ろう!

11月15日(日)
10:30~・13:30~
万華鏡作家 中里保子さんの指導による春を感じるお洒落な万華鏡作り講座です。
筒の部分にはシックで上品な箔押しのエンボスペーパーを使用、模様となる部分はバーナーワークガラスとマイクロビーズで、透明で可憐なお花の映像が展開します。

  
     外観                     内部画像

定員:各回16名
・場所:流山福祉会館
(見世蔵隣 ※見世蔵にて受付を行います)
・指導:流山在住の万華鏡作家 中里保子さん
・参加費:4,500円
・持ち物:なし

11月1日(日)より申込受付開始

第44回 歴史と文化のトーク&トークinながれやま
「秋元家住宅土蔵
 ~蔵の内側をさぐる~」

11月21日(土)13:30~15:00
平成30年5月に国登録有形文化財となった「秋元家住宅土蔵」は、流山本町の近藤勇陣屋跡に建つ土蔵です。この土蔵は、流山本町にあった呉服「三河屋」の蔵を、秋元藤之助家が買い取り、現在地に移築したものです。2階建て、桁行6.37m、梁間4.5mで切妻造り、桟瓦葺き、南面に両開土戸の戸口が設けられ、2階の引き戸には明治23年修理の銘が残されています。
 蔵の中には、明治から大正・昭和と流山本町界隈がにぎわっていた頃の民俗資料も多く存在し、みりん醸造で栄えた本町の歴史を刻む建築物としても重要なものです。
 平成30年10月には、秋元家から市へ建物が寄贈され、現在、内部の活用を図るための保存・修復が進められています。
 この土蔵の調査に携わった、流山市立博物館次長・北澤滋さんに、調査の実体験をもとにお話しいただき、流山の歴史を物語る土蔵の内部に迫ります。

・定 員:18名(定員になり次第締切)
・講 師:北澤 滋
・場 所:流山福祉会館(見世蔵にて受付を行います)
・参加費: 500円(資料・お茶代)
 
 ★中学生以上20歳未満300円

 
申込受付中
         

イベントチラシをこちらから

イベントスケジュール
万華鏡イベント
2020年
4月22日(水)~5月6日(水・祝)  ゴールデンウィークフェア
※中止します。
6月17日(水)~7月12日(日) 万華鏡サマーコレクション 
7月22日(土)~8月30日(日) サマーフェスタ
9月9日(水)~10月25日(日) 万華鏡オータムコレクション
11月11日(水)~12月25日(金) 世界のきらめき万華鏡展
2021年
1月13日(水)~2月14日(日) 万華鏡ウィンターコレクション
2月17日(水)~3月28日(日)  万華鏡スプリングコレクション

万華鏡作り講座
2020年
6月21日(日) 小嶌淳さんの万華鏡作り講座
8月2日(日) 中里保子さんの子ども万華鏡作り講座
11月15日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
2021年
3月28日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
★各講座とも原則、午前(10:30~)・午後(1:30~)の2回  
★要申込

★お申込み受付開始日は開催日により異なります。

★イベント内容は変更になる場合があります。
寺田園茶舗
万華鏡ギャラリー
イベント情報
ギャラリーグッズ
施設利用案内
お問い合わせ
リンク
 
 
 
 
   
万華鏡ギャラリー 見世蔵