現代に甦る見世蔵

第10回世界のきらめき万華鏡展
11月13日(水)~12月22日(日)

流山在住の万華鏡作家・中里保子さんの2019年 万華鏡世界大会出品作品「Fleur de cristal」をはじめ、国内外の万華鏡作家の作品を一堂に展示する、万華鏡ギャラリー見世蔵の今年最後の大規模な展示会です。さまざまな形、色合いの個性的な作品を約200点展示いたします。思いがけない不思議な画像で見る者を魅了する万華鏡、この機会に是非ご覧ください。

 中里 保子 作 「Fleur de cristal」


イベントチラシをこちらから


2020万華鏡ウィンターコレクション
1月8日(水)~2月9日(日)

新春を飾る展覧会は、国内外の万華鏡作家による、冬をテーマにした「ウィンターコレクション」を開催します。雪の結晶や夜空、イルミネーションなど、白やブルーを基調とした作品を展示いたします。
空気が澄んでいる冬の風景を、見た景色が万華鏡の模様になるテレイドスコープで楽しむのもオススメ!是非、ご来館ください!
イベントチラシをこちらから

第41回 歴史と文化のトーク&トークinながれやま
「地域が守った鎮守の森
          ~樹木の特徴から見えてくるもの~」

1月18日(土)
13時30分~15時
 子どもの頃に「鎮守の森」で遊んだ覚えはありますか?「鎮守の森」は年毎の実りを祈り、恵みに感謝する場であるとともに、集いの場、子ども達の遊び場として、人々の暮らしと一体となった場所でした。そんな「鎮守の森」が今、様々な理由で失われつつあります。
 
月刊誌「自然通信」を軸に、東葛地域を中心とした地域の自然に関する膨大な情報発信と様々な実践活動をする田中利勝さんは、2001年に「東葛の348ヶ所・鎮守の森の樹木調査研究報告書」を発刊されました。
 20世紀末が「鎮守の森」を記録にとどめる最後のチャンスと感じ、その姿を後世に残さねばならないという意志をもって取り組んだ本調査の内容をご紹介いただきながら、森の樹木の存在意義や保全上の課題、さらに、進みつつある少子高齢化や気候変動など私たちを取り巻く環境の変化の中で、都市における鎮守の森の新たな役割や人々とのかかわりのあり方について、皆さんとともに考えます。
・定 員:30名(定員になり次第締切)
・講 師:田中利勝(自然通信社代表、市川市北国分在住)
・場 所:流山福祉会館(見世蔵にて受付を行います)
・参加費: 500円(資料・お茶代)
 
 ★中学生以上20歳未満300円

イベントチラシをこちらから

イベントスケジュール
万華鏡イベント
2019年
4月24日(水)~5月6日(月・祝)  ゴールデンウィークフェア
6月26日(水)~7月21日(日) 万華鏡サマーコレクション 
8月1日(水)~8月31日(日)  サマーフェスタ
9月11日(水)~10月27日(日) 万華鏡オータムコレクション
11月13日(水)~12月22日(日) 世界のきらめき万華鏡展
2020年
1月8日(水)~2月9日(日) 万華鏡ウィンターコレクション
2月11日(火・祝)~3月29日(日)  万華鏡スプリングコレクション

万華鏡作り講座
2019年
6月30日(日) 若林寛さんの万華鏡作り講座
7月21日(日) 中里保子さんの子ども万華鏡作り講座
11月17日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
2020年
3月8日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
★各講座とも原則、午前(10:30~)・午後(1:30~)の2回  
★要申込

★お申込み受付開始日は開催日により異なります。

★イベント内容は変更になる場合があります。
寺田園茶舗
万華鏡ギャラリー
イベント情報
ギャラリーグッズ
施設利用案内
お問い合わせ
リンク
 
 
 
 
   
万華鏡ギャラリー 見世蔵