現代に甦る見世蔵


万華鏡ウィンターコレクション
1月9日(水)~2月11日(月・祝)
新春を飾る展覧会は、流山在住の万華鏡作家 中里保子さんをはじめとする国内外の作家による、冬をテーマにした「ウィンターコレクション」を開催いたします。雪の結晶や夜空、イルミネーションなど、白やブルーを基調とした作品を展示いたします。
また、空気が澄んでいる冬の風景を、見た景色が万華鏡の模様になるテレイドスコープで楽しむのもオススメ!是非、ご来館ください!
イベントチラシをこちらから




★第36回 歴史と文化のトーク&トークinながれやま
一茶が流山に来たころPartⅡ
~「武江年表」で読むその頃の江戸庶民事情~

3月23日(土)13時30分~15時
俳人・小林一茶が、流山の醸造家で俳友の秋元双樹を訪ねて流山を訪れた江戸後期は、庶民文化が隆盛した時代です。流山在住の作家で一茶研究家でもある伊藤晃氏は、その著書「一茶『流山二入』の記」で、享和3年(1803)から文化14年(1817)にかけて一茶が54回にわたって流山を訪れた時の様子を描いています。一茶が生涯で作句した約2万句の中には当時の庶民の習俗などが多く描かれていますが、ちょうど一茶が流山を訪れていた頃の江戸の庶民事情がどのようなものであったのかは興味あるところです。
2年前に「一茶が流山に来たころ」についてお話いただいた賀来宏和さんを再び講師に迎え、今回は、「江戸名所図会」の著者である斎藤月岑が取りまとめた「武江年表」を読みながら、一茶が流山を訪れていた頃の江戸の庶民事情を皆さんと探ってみたいと思います。
・定 員:30名
・講 師:賀来宏和
・参加費: 500円(資料・お茶代)
 ★中学生以上20歳未満300円
2月21日(木)より受付(定員になり次第締切)


賀来 宏和
・講師プロフィール  
園芸文化研究家
株式会社グリーンダイナミクス代表取締役
千葉大学大学院園芸学研究科客員教授
NPO法人社叢学会理事
NPO法人日本園芸福祉普及協会理事


「武江年表」
斎藤月岑著・今井金吾校訂
(2003年・ちくま学芸文庫)

「一茶『流山ニ入』の記」
伊藤晃著(1994年・三一書房)

イベントチラシをこちらから



万華鏡スプリングコレクション
2月20日(水)~3月24日(日)
イベントチラシをこちらから



中里康子さんの万華鏡作り講座
春色のオイル万華鏡を作ろう
オイルの中をゆったりと舞う、華やかな万華鏡を作りませんか!
3月24日(日) 10時30分~、13時30分~
流山在住の万華鏡作家 中里保子さんの指導による、人気のオイルタイプの万華鏡作り講座です。
ボディには春らしいドイツ製の装飾紙を使用、模様となる部分は皆さんでガラスやビーズを選んでいただきますので、お好きな色合いを楽しむことができます。
初めての方でも簡単に本格的な万華鏡が作れます。
どうぞお気軽にお申し込みください!

定員:各回22名
指導:流山在住の万華鏡作家 中里保子さん
参加費:3,500円
・申込締切日:3月20日(水)*定員になり次第〆切
*申込み受付 
3月1日(金) 10時より

完成作品
高さ16cm、直径約4cm

内部画像





今後のイベント予定
万華鏡イベント
2018年
6月20日(水)~7月8日(日)  世界万華鏡コンベンション
出品作家作品展 
7月18日(水)~8月31日(金) 見世蔵サマーフェスタ
9月12日(水)~10月28日(日)  万華鏡オータムコレクション
11月6日(火)~11月18日(日)  第3回華麗なる万華鏡展
※会場:杜のアトリエ黎明 
11月14日(水)~12月24日(月・祝) 世界のきらめき万華鏡展
2019年
1月9日(水)~2月11日(月・祝) 万華鏡ウィンターコレクション
2月20日(水)~3月24日(日)  万華鏡スプリングコレクション

万華鏡作り講座
2018年
7月1日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
8月5日(日) 酒井祐子さんの子ども万華鏡作り講座
 ※午前(10:00~12:00)1回のみ
12月2日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
2019年
3月24日(日) 中里保子さんの万華鏡作り講座
★各講座とも原則、午前(10:30~)・午後(1:30~)の2回  
★要申込

★お申込み受付開始日は開催日により異なります。

★イベント内容は変更になる場合があります。
寺田園茶舗
万華鏡ギャラリー
イベント情報
ギャラリーグッズ
施設利用案内
お問い合わせ
リンク
 
 
 
 
   
万華鏡ギャラリー 見世蔵