現代に甦る見世蔵



6月25日(日)10時30分~、14時~
小林綾花さんの万華鏡作り講座
 「水晶のテレイドスコープネックレス」

今年、京都で開催される万華鏡世界大会に出品され、天然石や宝石を素材として万華鏡を制作されている万華鏡作家 小林綾花さんの講座です。今回は、見た景色が模様になる万華鏡を作ります。物を映す先端部分には水晶を使用、星のチャームが付いたお洒落なネックレスタイプの万華鏡です。人気の講座ですので、ご予約はお早めに!!
*万華鏡本体:筒部分は鏡面磨きのアルミニウム製、本体蓋パーツは真鍮製。
*チェーン:全長700mm
定員:各回10名
場所:流山福祉会館(見世蔵隣 ※見世蔵にて受付を行います)
指導: 万華鏡作家 小林綾花さん
参加費:10,800円
持ち物:なし
申込締切日:6月21日(水)*定員になり次第〆切
*申込み受付 5月21日(日) 10時より

内部画像 内部画像 完成作品



7月15日(土)13時30分~15時
第26回歴史と文化のトーク&トークinながれやま
地域の文化活動が元となった流山の考古学上の大きな発見 
東深井古墳群をめぐって

東深井古墳群は、戦後間もない昭和24年に初めて専門家が入り、その後も調査が重ねられ、数ある流山の古墳の中でもとりわけ埴輪が多く出土し、武人・貴人・女子などの人物埴輪、鶏形埴輪、魚形埴輪など特異な埴輪が出土しています。
今回は、これら調査のすべてに関わられた考古学者の下津谷達男さんから、発掘調査の実際についてお話をうかがいます。また、終戦直後、台北帝国大学出身の田中則雄先生が、赴任先の野田高等女学校を拠点に、生徒や地域を巻き込みながら文化活動を牽引したことが東深井古墳群の発見・調査へとつながった興味深いエピソードもご紹介いただきます。
・定員:30名
集合場所:流山福祉会館(見世蔵受付) 流山市流山2-102
・流鉄流山線「流山」駅より徒歩 5 分
・つくばエクスプレス・東武アーバンパークライン「流山おおたかの森」駅より京成バス「福祉会館入口」下車 徒歩すぐ
・講 師:下津谷達男さん
・参加費: 500円(資料・お茶代)
・申込み:受付開始 6月11日(日)10時~(*定員になり次第〆切)

講師:下津谷達男さん

第7号古墳実測図 武人埴輪
(東深井10号墳出土)
女子埴輪
(東深井12号墳出土)
鶏形埴輪
(東深井17号墳出土)
 



★イベント内容は変更になる場合があります。
万華鏡ギャラリー>>>
ギャラリーグッズ>>>

寺田園茶舗
万華鏡ギャラリー
イベント情報
ギャラリーグッズ
施設利用案内
お問い合わせ
リンク
万華鏡ギャラリー 見世蔵