土蔵造りの家屋や老舗店舗が点在する流山本町、この古き良き時代の香り漂う街並みに調和した道しるべ-切り絵行灯。地元の切り絵作家 飯田信義さんが切り絵を担当、
幼馴染の長谷部年春さんが本体と設計を担当され、制作されました。
廊下などのちょっとした灯り取りに便利なミニチュア版の切り絵行灯は、
お手軽価格で好評販売中!
流山のお土産としても、喜ばれています。
(高さ30cm、横縦10cm、LEDライト付き)


流山観光協会HP(本町のまち並みを彩る切り絵行灯)http://www.nagareyamakankou.com/entry.html?id=135853

ミニ行灯
     4000円